愛車を手放す際や、さらに車両の査定時も印鑑証明というものが必要になってきます。この印鑑証明という書類に関して説明しましょう。印鑑証明書とはその印鑑が実印であるという事実を実証する目的を持つものです。これがないとその印鑑について実印で間違いないことが実証できません。決して小さくない取引になる自動車の売却ですから、どうしても実印が必要になりますがその際に印鑑証明が出てきます。印鑑証明をつくるにはその前に印鑑証明しなければなりません。登録する印は実印と呼ばれていて唯一無二のハンコでなくてはなりません。実印を用意してお近くの市町村役場の受付に行けば印鑑登録をすることができます。印鑑登録をすれば、印鑑登録カードを発行してもらえて、登録が完了したハンコは実印になったということになります。印鑑証明を交付してもらうには市役所などの窓口へ行き、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要事項を記入して、印鑑登録カードを持参するだけで大丈夫です。それに、自動交付機でも印鑑証明書を発行してもらうことができます。印鑑証明には有効期限はないのです。なのでどれだけ前の印鑑証明であろうが印鑑証明としての効力は持続することになります。ですが車買取時には必須条件として3ヶ月以内に交付されたものでなければなりません。ほとんどの場合有効期限の定めはないですが中古車の買い取りの時は、業者側が必須となる有効期限を教えてくれるので、もしも車の買取を検討しているのであれば手元に置いておく必要があります。